Xoops2 RC3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

四万十樵(きこり)塾

メインメニュー

相互リンクサイト

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
活動報告 > 活動報告(平成18年9月9日)市ノ又原生林散策(風景林)
活動報告(平成18年9月9日)市ノ又原生林散策(風景林)

■平成18年9月9日■

市ノ又原生林散策(風景林)

 10月1日開催の原生林散策イベントの下見を兼ねて、「市ノ又原生林」ヒノキの巨木に会いに行きました。

ガイドマップのコースは、登山口→ 根上り大将→ モミ巨木→ ヒメシャラの森→ ヒノキ巨木→ 不動山山頂→南尾根→ ヒノキ・モミ・ツガ群落→ 根上り大将→ 登山口(2時間30分)なのですが、

■今回の原生林散策コースは「これぞ市ノ又!巨木探検コース」の一部を3時間かけてゆっくり散策する予定です。

コースは、登山口→ 根上り大将→ モミ巨木→ ヒメシャラの森→ ヒノキ・モミ・ツガ群落→ 根上り大将→ 登山口

 ところで、雨の中、私たちが準備をしていると、四万十高校の生徒と先生に登山口で出会いました。これから生徒(F君)が森林の保水力調査のため、「根上り大将」付近に計測装置を設置に行くという事で、「根上り大将」まで道案内をしてくれました。

F君は人工林や自然林の保水力の調査を続けていて、その結果をまとめているとのことでした。森の未来も明るく思えました。結果を期待したいと思います。F君ありがとうございました!! 


 

F君に根上り大将まで道案内をお願いしました。 


根上り大将

 

F君が設置している計測器「38.1%」 


  

  

 

森の中は霧に包まれていました。


 

長い年月を生き抜いたヒノキの巨木と出会いました。 


 

原生林から湧き出る水

 

サルナシの実・登山口付近は杉の人工林です。 


下山して帰り道、寄り道をして「久万秋の湧水」を汲んで帰りました。

(中土佐町大野見)



ページ移動
良く読まれた記事 活動報告(平成18年9月30日・10月1日)第一回【焚き火とダッチオーブンの集い】 活動報告(平成18年9月2・3日) 次の記事
広告

Amazon アソシエイト